しかもく会

企画を継続的に行うことの大切さ|しかもく会を企画して成長できたこと

こんにちは。Re:デザイナーしかの まさよです。(@bambi__design)

しかもく会を初めて、12月で1年になります。

コラボ企画を含めると1年でで20回。のべ110人以上の方が参加してくださいました。
多くの方に参加していただき本当にありがとうございます!

企画を継続的にすること、そして自分と向き合うことが苦手なわたしがしかもく会を開催して自分と向き合う大切さについて気付いたことをお伝えしていきます。

しかもく会についてはこちら⬇︎

しかもく会・セルフメンテナンスを始めた理由|コワーキングスペースひらば 大阪|もくもく会 2018年12月からコワーキングスペースひらばで月イチ“しかもく会・セルフメンテナンス”を企画しています。 なぜこのようなこと...

よかったこと

企画をして実行する大切さ

こんな企画やってみたいな!そんな会話を聞くことがあるけど本当に実行に移している人がどれくらいいるでしょうか。企画・アイデアは正直だれでも思いつきます。大切なことはその企画を実行に移してみること。実行しなければ見えないこともあります。

しかもく会の場合は
・ターゲットを決める
・日時を考える
・場所を考える
・当日の流れを考える
・告知する
・アウトプットする

細かく書けばまだありそうですが、企画を考えるだけでざっとこのようなことが考えられます。正直これを毎月やるので大変ではありますが、回を重ねることで省けるところが見えてきます。

例えば、日時は固定にする→参加者に覚えてもらいやすくする。
アウトプットする→ブログのフォーマットを決めておく。しかもく会後1時間で書き終える。

繰り返し企画をする場合は、固定することを決めておくと効率よくできます。

このように実行してないと見えてこないこともあり、今後の仕事にも大いに活かせると考えています。

一緒にがんばる仲間がふえた

交流したい・勉強したいではなく、自分で課題を見つけて実践している人が参加している人が多い印象があります。なので参加者の意識が高いように感じます。

参加する人同士の熱量が近いとやる気も出ます。同じ意識を持てる人だと悩みを相談しやすいですし、同じことを経験している人とも出会いやすいです。

一緒の熱量をもった仲間と出会えたことがこれからもよい刺激になると思います。

本当にやりたいことに気づけた

これが一番よかったことです。自分と向き合うことを意識的に取るようにしたことで本当にやりたいことが見えました。デザイナーは請け負い仕事が多いので、自分のことがおざなりになりがちだと感じます。また仕事に追われることも多く自分のことを考える時間もないことが多いです。これだと本当にやりたいことから遠ざかっていることがあるので、無理矢理でも自分と向き合う時間を作る必要があります。

定期的に自分と向き合うことを、デザインは武器のひとつだと思えるようになり気持ちが軽くなったこと。デザイナーという激務な業種だけど日々の暮らしを丁寧に過ごしたいと強く願うようになったこと。そしてわがままに生きて良いことにやっと気付けました。

これからは正直に生きていくことを意識していきます。

反省点

イベントを意識しすぎて力が入りすぎる

普段から企画をし慣れてないこともあり力が入りすぎていました。本当にみんな参加してくれるかな。ドタキャンされないかな。心配しすぎて前日は寝付けなかったり、お昼ご飯があまり食べれなかったりしていました。笑

この改善方法は、後に出てくる今後についてに書いています。

自分がもくもく作業ができなかった

正直なところ自分が一番集中できませんでした。参加者の満足度をあげようといろいろ気にかけすぎたことが原因です。相談したいことはないかな、エアコンは効きすぎていないか、飲み物は必要ではないか、トイレの案内も必要だな。あれこれ考えすぎて結局のところ1時間ぐらいしか集中していなかった気がします。気付けば終わったあとにはすっごく疲れてました笑

これもどのように改善していったか、今後についてまとめました。

 

今後について

一人でもやろうとする

イベントを意識しすぎて力が入りすぎる原因は、人に期待をしているからでした。人に来てもらうことが目的ではなく、ひとりでも作業をする習慣をつけるという考え方に切り替えることで気持ちがラクになりました。募集はしていますが、だれも来なくても一人でやる。その中で刺激し合えるがんばる仲間ができたらラッキーぐらいで思えるようになりました。

気持ちもラクになり、月一回から二回に増やすこともできました。

一人でも継続的にやるようにしていると必ず見てくれている人が出てきます。それが一人、二人と少しずつ増えていくことが大切だと気づきました。

どうしたら集中できるかを考える

自分がもくもく作業できていないことは説得力に欠けます。方針がぶれると参加者も来てくれないし満足度の低いコンテンツになってしまいます。まずはどうしたら自分が集中できるかを考えることにしました。

・タイマーで時間を測る。
・作業したことをアウトプットする。

タイマーで時間を測ることは、すごく効果的で作業(50分)×休憩(10分)×3回を繰り返すことでメリハリをつけて作業することができます。今までは自由に作業したり、交流していたことで作業する時間と休憩する時間をとっていて曖昧な雰囲気になっていたことを強制的にするように作業効率がグッとあがりました。また休憩に盛り上がった話を10分で切ることにより続きを話したいという気持ちにもなり、ツイッター上で参加者同士が会話するようにもなりました。

参加する前に準備しておくといいこと

しかもく会に参加してみたいと思う方に、事前に準備しておいた方がいいことを書きます。

  1. やる前になにをするかを考えておく
    細かく計画する必要はありませんが、3時間でなにをしたいかを考えて参加するとスムーズに作業することができます。正直3時間程度では多くの作業をこなすことはむずかしいです。でもすこし億劫になっていることを少しだけ始めて、残った分は家でやろう!という気持ちにもっていけるだけで達成感を感じることができます。

  2. 無理はしない
    やる気があるときに参加することをおすすめです。無理して作業できなかったと落ち込むよりは少しがんばろうかなと前向きになっているときだと満足度が高くなります。

 

さいごに

この一年、自分と向き合う時間を意識して作ることで本当にやりたいことに気付くことができました。またしかもく会とは別の時間に自らセルフメンテナンスする時間を作るようになりました。

ただ行動しているだけでは身につかないことが多く、振り返り改善して次に繋げることが必要です。今やっていることがしっくりこないと感じている人は、もしかすると自分にウソをついているかもしれませんよ。そんなときは自分と向き合うセルフメンテナンスしてみましょう!

しかもく会に参加したい方を募集しています

あなたもしかもく会に参加してみませんか。参加者を随時募集しています。
一緒にセルフメンテナンス・もくもく作業したい方は下記よりお申し込みください。

しかもく会・セルフメンテナンス

開催日:毎月第二木曜 →毎月第二水曜第四日曜に変更しました。
場所:コワーキングスペースSHINCRU
大阪府枚方市堤町10-24 鍵屋別館4階
時間:13:0016:00
参加費:1000円(学生500円)
定員:10名
終了後はコワーキングスペースに移動して作業できます。

※日時は変更する場合がございます。

お申し込み